daily-effects -3-

deffects3.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『変わるデザイン、変わらないデザイン。』

連載中コラム3月号が配信されました!
 今まで当たり前だと思っていた言葉や専門用語は
知らない間にどんどん変わってしまうものなんですね。そう思ったのは、

・ゴロ合わせで有名な幕府が開府年号が違ったり
・あの有名な制度がなかったことになっていたり
・あの乱の発生場所が変わっていたり

現代の子供たちと、今の大人たちとでは習っている
単語や単位も違います。


 昔働いた会社で、昇格基準に、「時代や社会の変化に耐え
自分を変化させることができる人物」とありました。これは「進化論」の
一説をアレンジし、“時代の変化に柔軟に対応できる人材かどうか”
ということでした。

 ではデザインという切り口においてはどうなのか。
近年大きく変わったことを思い浮かべると、フォントやソフト、端末など
いわゆる「道具」が変わってきています。
例えば、顧客説明の際に携帯端末を利用したり、クラウドやライセンス
形式のソフトが増えたり。

~~~~~~~~~~~~~~

…メルマガ本編登録読者様だけのお楽しみ部分 (='ㅅ'=)

~~~~~~~~~~~~~~

 しかし、便利で快適になっていく中で、今まで築きあげられていた
“大切なこと・危惧すること”“理由やルール”が消えてしまう場合も多いです。

デザインにおいても、担当窓口が変わると、
「何故このデザインになったのか」意図や背景が引き継がれないまま、
前任の作り上げたデザインを壊さないといけないことがあり、
実は無いようであるルールや意図を
後任の自分が汲み取ってあげられなかったことに残念に思うことがあります。
前任のデザインを引き継ぐ際は、そこに込められた一種の
「謎解き」をすることが大切だと最近感じています。

 そんな折「現存する100年以上前の古い建物をわざわざ
修理して手を加えてでも残っているものは、沢山の人の
記憶に残る強いデザイン
だったからか、それを上回るデザインが
出てこなかった
からだ。」という言葉を耳にしました。
これは、東京駅、大阪市中央公会堂、南海の浜寺公園駅などを設計した
辰野金吾のデザインについて現代の建築家が投げかけた言葉です。

それを聞くと、デザインデータが毎日大量に生まれてくる社会の中で
今後の自分の作品で、100年後まで残したいと思ってもらえる
デザインは生まれるかな?と、ふと思います。それにはやはり
時代の変化に耐えうることと、理解してくれる人との出会いやご縁が
大切だと思います。

ちなみに、現代の子供たちの教科書の言葉が変わったの?と
気になった方は、「教科書 今 昔」「教科書 変わった」などの
キーワードでwebで検索すると色々出てきますよ。

=============
こんな感じで、携帯で・電車の中でも手軽に読んでいただける
メールマガジンに私は月イチ1週目配信号に掲載いただいています。

モノづくりやアートに関わりが薄いかな…と思われる方にも、
デザインの切り口からの考察をもっと手軽に
お役に立つようにした情報をお届けしています。(登録・配信無料!)

◎バックナンバー配信お申込みお問合せはコチラ▼
http://www.sohobox.jp/category/18449249-1.html

◎今後配信ご希望登録フォームはコチラ▼
http://www.sohobox.jp/article/376200354.html


※メールマガジン配信元/登録先 :大阪・北浜 SOHOBOX北浜様

============

※ちょっとユニークなホワイトデーギフトにもおすすめ雑貨たちも!
神戸の雑貨店からお送り先へ直接お届けします↓詳しくはコチラから!
HP http://ash-argent.hacca.jp/(アッシュ・アージェントデザインスタジオ)
b0204810_11363882.jpg

b0204810_11371640.jpg



◎また励みになるので ポチっとワンクリックどうぞお願いします▼
アート・デザイン クリエイター

◎ash-argent DESIGN STUDIOツイッター
http://twitter.com/ash_argent
[PR]
by ash-argent_3 | 2014-03-03 00:00 | コラム連載中
line

DTPデザインとweb、雑貨販促物の企画製作をしています。物作りの楽しさ配信中


by ash-argent_3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite